喪服が用意出来ない際の葬式参列の服装

葬式に参列する際の服装としては、喪服を用意出来ればまず問題はありません。ですが近年は喪服を所持していないケースも多く、加えて葬式は急に発生する事が多いものである為に、自身が出先から駆けつけるといったケースもある事からどうしても用意が困難な場合があります。そうした事を考えると、最低限のマナーを守れる服装というのも視野に入れておいた方が良いと言えます。基本的には喪服の用意が出来ない場合は服装をスーツとし、黒で統一すると基準は満たせると言えます。但し派手なアクセサリーや光沢のあるネクタイを避けるといった、露出や華美さを醸し出すものを避けるように配慮する必要があります。また高校生以下の学生である場合には、学校指定の制服があればこれを着用して参列するのが無難と言えます。

予算を抑えたお葬式

迅速対応のグランドセレモニー

都内では近年小規模葬儀が主流です

世田谷区で適正価格の家族葬 
ならグランドセレモニー

全国平均よりも断然安い!!
葬儀の費用は業者の選び方によって変わってきます。一度比較してみてください。

墓地で祖父の話をしました

私は、今日祖父の7回忌で、親族全員で千葉県某所にある墓地にやってきました。私は幼少の頃、祖父と祖母の家が実家から歩いて4分ほどの場所にあったので、よく学校帰りや、休みの日に遊びに行っていました。祖父と祖母の家は二世帯住宅で、母の弟の家族もいたので、私の2歳下の従姉妹の勉強などの面倒も見てあげていました。従姉妹の勉強などの面倒を見てあげていると、必ず祖父が、私達にお菓子を買う為のお小遣いをくれたので、従姉妹と一緒に駄菓子屋にお菓子を買いに行った事は、今でも鮮明に覚えています。私はお小遣いをくれるやさしい祖父が大好きでした。祖父は大工の仕事をしていたので、夏休みの工作なども一緒に手伝ってくれました。親族と墓地で、そういった思い出の話をして祖父の事を思い出しました。